(基本無償で)新しいMacを買ったときに入れるソフトまとめ・その1

2011年4月11日

最近Mac買った!欲しい!っていう知り合いが急増。
iPhone効果もあるけど、最近のAppleのプロダクトは素晴らしくコスパいいからなぁ。
マカー(Mac使いの総称)が増えるのは素敵なことなので全力で応援します。

というわけで新しくMac買ったときに僕が入れるソフトを、ジャンルごとに基本無償で紹介していきます。
対抗となる有償ソフトも一緒に。

第一弾は無償ソフトで十分なアプリを中心にして
次回は有償ソフトがまだまだ優位なアプリを中心にまとめる予定です。

※無償と書いたソフトも寄付(Donate/Donation)を求めているものが多いです。
 気に入ったら是非寄付しましょう。

私なりに考える「誰もが使うソフト〜専門ソフト」の順に。

【IME(input method editor)】

要するに文字入力変換辞書。標準で「ことえり」が付いてきます。
最近のことえりは昔に比べればかなりマシになったと聞きますが、まだまだ使えるレベルじゃなかった。

【無償】Google日本語入力 公式サイト

【有償】ATOK:最新バージョンはATOK2010 公式サイト

ATOKのすごさは長文を変換したときに実感できる。顔文字辞書や郵便番号辞書、方言辞書なども追加出来る。月額プランみたいなのもあり。
Google日本語入力は予測変換がネット上の情報と連動してるので、人名・固有名詞は最強。

文字をたくさん打つ機会が多い人はATOKがオススメ。
ただ、今までATOK経験のない人はいきなりGoogle日本語入力もアリ。

IMEは慣れの問題が大きいので、ことえりのままってのもアリはアリだけど、ストレスは溜まると思います(笑

【WEB Browser】

PCを使うと同異義語になる日も近いWEBブラウザ。
標準で付いてくるSafariもかなり優秀なので、こだわりなければそのまま使ってもOK。

【無償】Firefox 公式サイト

【無償】Google Chrome 公式サイト

最近バージョンアップした両ブラウザ。
両ブラウザとも描画の速さもさることながら、自分好みの機能を追加出来るのが最大のメリット。

広告ブロック・オートページャー(「次へ」の記事を自動ロード)・スクリーンショット・ブックマーク共有・パスワード管理などなど。Web作成に役立つプラグインも多数。

私的なオススメはFirefoxですが、まあこれは色々試して見て好みのものでOKでしょう。

【画面通知アプリ】

【無償】Growl 公式サイト

Mac買った人が感動するNo.1アプリ。
新着メール、スカイプのチャット、新着ツイートなどなど、知りたい情報を特に登録なしで画面表示してくれます。
通知の見た目もカスタマイズ出来るし、もう手放せません。

【Twitterクライアント】

【無償&無償】Echofon (MacAppStoreからダウンロード)公式サイト

数あるTwitterクライアントを渡り歩いて、これにたどり着きました。
無償と有償の違いは広告の有無ですので、まずは無償でOK。
iPhoneアプリや他のMac/PCにインストールしたEchofonと同期出来るのが特徴。

【動画閲覧ソフト】

【無償】Mplayer (MacAppStoreからダウンロード)公式サイト

対応してる動画フォーマットが多い、シンプル、キーボードの右・左キーで10秒早送りが便利。

【無償】VLC (MacAppStoreからダウンロード)公式サイト

Mplayerだと.wmvのファイルの時に音ズレが発生するのでそんときはコレ。
あとiso形式の表示とか、字幕データが別の時に合成も出来ます。

【エディター】

【無償】CotEditer 公式サイト

HTML/CSS書いたりPHP書いたり、普通に文章書いたり。
カラーリングも色々あって便利です。

【マンガ読むソフト】

【無償】Simple Comic 公式サイト

以下は説明は特に不要だけどオススメなアプリです。

【Skype】

【無償】Skype 公式サイト

【2chビューワー】

【無償】Thousand 公式サイト

【リネームソフト】

【無償】R-Name 配布元(公式閉鎖?)

【FTPクライアント】

【無償】Cyberduck 公式サイト

【仮想Win&Linux環境構築】

【無償】VirtualBox 公式サイト

【仮想サーバー環境作成】

【無償&有償】MAMP 公式サイト

ツイートツイート

Leave a Comment

WP-SpamFree by Pole Position Marketing