【誰でも上がる!】仕事効率の上げ方

2011年10月28日

仕事が一段落ついてきて、ちょうど来週からリフレッシュ休暇だし
のんびり半身浴してたら、エントリーが浮かんだので久しぶりにブログを更新してみる。

【誰でも上がる!】仕事効率の上げ方 やったー\(・∀・)/

んじゃいってみましょう。

その1:効率の良い道具を使う。

当たり前と言えば当たり前のことですが、例えば「文字を書く」という仕事1つとっても

時々インクがかすれる、握りにくいボールペン のと、インクがサラサラ出るボールペンでは
後者の方が圧倒的に効率が良くなります。

あなたが使ってる道具は効率の良い道具ですか?
そうじゃなければ、今使ってる道具は速攻捨てましょう!

もったいない?

いえ、その道具を使って効率悪く過ごす時間の方がよっぽどもったいないです。

その2:仕事をメモして、納期順に並べておく

人は忘れる動物です。覚えてる方が稀なのです。
仕事ややるべき事は必ずメモしましょう。

そしてそれを納期順に並べること。
どうでもいい事・遅れても問題ないもの・今すぐは出来ないものは後ろへ。

オススメはgmailのTODOリストです。
並べ替えが自由自在!消したリストも閲覧できるので1年間の仕事を後から眺めることも可能です。

その3:仕事は小さいもの・考えなくて良いものから行う。

ある1つのことだけをやり続けるライン工のような仕事じゃない限り
仕事をする上で様々な作業・雑用が発生します。

その2で記録した仕事の中で優先度の高いものがいくつかあったとします。
その中でどれからやるか?と言えば、すぐ終わるもの、考えなくて良いものから先に手をつけます

逆に言うと考える必要がある仕事は後でやります。
さらに言うと、「考える必要がある仕事がこの後にある」と意識しながら
考えなくて良い仕事をやりましょう。

他の仕事をしてる時だって、良いアイデアは浮かびますし、発見があります。
順番がもし逆じゃ、考えてる時間がもったいない!

その4:自動化できることは自動化する

プログラムを組め!という話しじゃないです。(組めるにこしたことはないですが)
例えば、ある人に毎月原稿をもらう仕事をしてるとして、
毎月月末に催促してるとします。

これが毎月原稿が25日に来るようになったら、それだけで効率が上がります。
自動的な催促が行われた、と同意義なこと。

そのやり方は人それぞれだと思いますが、毎日の自分の行動の中で自動化できることを探す
その積み重ねで、時間があまり、その分他の仕事ができます。

その5:インプットは広く、専門分野は深く、アウトプットは速く。

仕事の効率が悪い人に限って、生きてる世界が狭かったりします。
いつも同じ友達、いつも同じ店、いつも同じ行動パターン、ずっと同じ趣味・・・

それが悪いことではないですが、インプット量の増大は望めません。

同業者の人と話すより、全く異業種の人と話す方が発見や驚きが多いもの。
ただ、意識しないと異業種の人とは話せません。
また、同業種の人とは専門分野の深さをより深めるようなインプットをしましょう。

そして重要なのはアウトプット!
私的には以下の5レベルで分けてアウトプットしてます。

・最低:自分の仕事・世界に不要 即捨て>覚えようともしない。
・低:もしかしたら関わるかもしれない知識 やや捨て>一応見たことを覚えておこうとする
・中:世界は違うけど面白い話 キープ。evernoteにメモする。
・高:自分の仕事・世界にプラスだわ 流す Twitter,Fb等に流す。同時にevernoteにメモ。
・最高:これはすごい。いいインプットだった! 上記に加え、人話す。

というわけで、忘れる・覚える・キープする・流す・人に話す の5段階です。
特に忘れたくない情報は人に話すのが一番だと思います。

というわけで、まだまだありますが続きはまたの機会に。

ツイートツイート

One Comment

  1. Choose より:

    Great! thanks for the share!

Leave a Comment

WP-SpamFree by Pole Position Marketing