IMG_5240.JPG

FEELCYCLE with AppleWatch

2015年8月18日

IMG 5240

AppleWatchがリリースされてそろそろ4ヶ月。
発売日にゲットした私の主な利用目的は・・・もちろんFEELCYCLEや自転車での活動量計として。
以前使ってたEPSONのやつもシンプルでよかったんですが

141002 ogp

私が使ってたモデルは文字盤のないやつだったので
・スマホに繋がないと結果が見えない
・充電機への接続がやりにくい
・ピカピカ光って邪魔な時がある(消せるけど、消したら今度は動いてるかわからないw)

という感じでした。

さて期待したAppleWatch
ワークアウトの計測メニューに「屋内自転車」ってのがあり
まさにFEELCYCLEにうってつけ。

レッスンの度に計測してみました。
この2ヶ月で活動量の多いものからご紹介
ちなみにアフターバーンもいれてます。目安としてシャワーあがりあたりでストップしてます。

2015 08 18 11 41 19

6/16のインテンシブライドがダントツで885Kcal
60分というレッスン時間が長いのがポイントですね。
さらに、この時は終わったあとに止め忘れたのでアフターバーンの分もかなり入ってます。

2015 08 18 11 35 38

BB2 HH 1 Machi 548Kcal

2015 08 18 11 33 25

BSL Hit 4 Iku 494Kcal

AppleWatchの良い点としては
・常時点灯でなく、手首をひねったときだけ画面表示なので、リアルタイムな心拍が確認できる
・時計単体でレッスンごとに保存できる(EPSONのは1日単位。今はファームウェアが上がって変わったかも)
・充電がマグネットなので簡単

逆にイマイチな点としては
・レッスン内のどこで盛り上がったとかわからない
・時計単体で過去の活動を振り返れない
・ワークアウトだけの履歴を一覧で見られれない

といったところでしょうか。

何よりバッテリーのもちがイマイチで、FEELCYCLE数レッスンなら問題ないんですが
1日かけていくサイクリングなどでは6時間くらいで電池が終わりますorz
このへんは次世代型機に期待です。

ツイートツイート

Leave a Comment

WP-SpamFree by Pole Position Marketing